Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mugen777/otoko-sinan.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

【滋養強壮精力増強方法7選】あなたに最も効果のある方法教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
滋養強壮精力増強

年齢とともに減退してくる「精力」。

不本意ながらも、性欲や勃起力が少しずつ失われていきます。

最近は、20~30代の比較的若い層でも、精力減退に悩む人が増えているようです。

他方、中高年でも精力絶倫という人も少なくありません。

「古希を迎えてから子どもができた」というケースもあるとか。

では、若くして精力減退してしまう人と、年齢を重ねてもバイタリティにあふれる人の違いは何なのか?
特異体質?遺伝?どれも違います。

これは「男性ホルモンの量」で違ってくるのです。

年齢とテストステロン推移

出典:オカモト生薬株式会社

 

上のグラフは、年齢別の男性ホルモン量を示した統計です。

このグラフによると、男性ホルモン量は20代にピークを迎え、そこから加齢とともに減っていくことが分かります。

実は、精力の強さと男性ホルモン量は深く関係しており、男性ホルモンが減ってくると、それにつれて精力も減退してきます。

10~20代のころは精力旺盛で1日何度もセックスできたという人でも、年齢を経るごとに男性機能が弱まり、性欲も以前ほどではなくなります。

そうなると「精力が衰えた」と感じますが、これは「男性ホルモンの減少」に起因しているのです。

では、どうすれば男性ホルモンの量を増やせるのでしょうか?
また、減退してしまった精力を回復するにはどうしたら良いのでしょうか?
そこで今回は、「滋養強壮・精力増強する方法7選」を紹介します。

 

目次

滋養強壮精力増強方法7選

精力を回復し、男性機能を向上させるのには、おもに7つの方法があります。

それぞれ、順にみていきましょう。

滋養強壮精力増強法1|精力がアップする食べ物をとる

精力増強食材

 

にんにくなど、昔から「精がつく」といわれている食べ物は、滋養強壮・精力増強に効果的な栄養素をたっぷり含み、勃起力強化などにも役立ちます。

精がつく代表的な食べ物は、以下のようなものがあります。

にんにく

にんにく

 

にんにくには、「亜鉛」「スコルジニン」「アリシン」など、滋養強壮に効果のある栄養素が豊富に含まれています。

亜鉛は精子の生成をサポートする働きがあり、亜鉛不足になると、生殖能力に影響しやすくなります。

また、スコルジニンは毛細血管を拡張する働きがあり、飲食物からとった栄養素が体全体に行きわたるのを手助けする成分です。

さらに、にんにくのにおい成分アリシンには、血管拡張作用や血液サラサラ効果があります。

この作用のおかげで、勃起力に必要な血流量もアップします。

牡蠣(かき)

牡蠣

牡蠣(かき)は、「海のミルク」とも呼ばれ、「亜鉛」「タウリン」など滋養強壮に効果が期待できる栄養素がたっぷり。

亜鉛は豚レバーやうなぎなどにも含まれますが、牡蠣の亜鉛は量が多く、食べ物全体からみてもトップクラスです。

また、タウリンは血流量をアップさせる作用があり、勃起時に必要な陰茎海綿体に十分な血液量が行きわたるのをサポートしてくれます。

山芋

山芋

山芋は、ネバネバ成分「ムチン」やアミノ酸の一種「アルギニン」を、豊富に含んでいます。

ムチンはオクラやツバメの巣などにも多く含まれ、食べ物からとったタンパク質の吸収をサポートし、新陳代謝を活性化して精力増強に効果が期待できます。

またアルギニンは、エナジードリンクや強壮剤にもよく含まれている比較的メジャーな成分。

血管を拡張して血液の流れを促進したり、動脈硬化の予防効果もあります。

この作用のため、一部のEDを改善する効果もあるといわれています。

ニラ

ニラ

ニラは、「セレン」「アリシン」が豊富です。

セレンはマグロ、ホタテ、イカ、牡蠣にも多く含まれ、高い抗酸化作用があるほか、血管の拡張効果によって勃起力の強化にもつながります。

またセレンは、精子の生成をサポートする作用もあり、男性の「妊活」にも活用されますが、とり過ぎによる弊害も報告されているので注意が必要です。

「詳細は別記事で細かく解説しておりますので、精力アップ食材は以下をご覧下さい」

ただ、精のつく食べ物で精力増進させる方法は、時間がかかるというデメリットがあり、根本的に体質を改善することに役立つ反面、効果の出方が非常に緩やかで、即効性は期待できません。

精力増強法2|運動&筋トレで男性ホルモンを増やす

運動&筋トレで男性ホルモンを増やす

適度な運動や筋トレをすると、男性ホルモン「テストステロン」の分泌が促されるため、性欲が増す効果が期待できます。

精力絶倫の男性は、筋肉質のマッチョという印象がありますが、あながち間違いではないんですね。

特に、スクワットといった下半身に重点を置いた筋トレは、「チントレ」にもつながるので、積極的に行いたいメニューです。

射精(特にセックス)をすると、相当な体力を使います。

そのため、いくら性欲がアップしたとしても体力的に疲れてしまっては、女性を満足させることはできません。

社会人は年齢によるものもありますが、学生時代と比較しても運動量が格段に減り、体力が衰えがち。

体力を取り戻すには、運動や筋トレを日常的に取り入れ、体力をアップさせることも大切です。

ただ運動したからといって、すぐに男性ホルモンがドバドバ出るという性質のものではありません。

この方法は、面倒で長続きしない人が多いほか、即効性がないのもデメリットといえるでしょう。

滋養強壮精力増強法3|男性ホルモンが増えるツボを押す

ツボマッサージ

 

精力増強には、意外にも「ツボ押し」という方法があります。

古来より伝わる方法で、あるツボを押すと男性ホルモンの分泌が盛んになり、性欲や精力が高まるといわれています。

男性ホルモンが出る、代表的な2つのツボはこちらです。

大赫(だいかく)

大赫(だいかく)
出典:ツボ辞典

効果

大赫(だいかく)のツボを押すと、男性ホルモンの分泌が促され、全体的な精力アップが期待できます。

ぺニスに流れる血液量をアップさせて勃起力を強化するので、EDの症状改善にも効果が期待できます。

場所

へそから下に指幅4本分移動した場所にあります。

方法

指の腹で円を描くように、ゆっくりと押してください。

10回くらいが目安です。

腎愈(じんゆ)

腎愈(じんゆ)
出典:ツボ辞典

効果

腎兪(じんゆ)のツボを刺激すると、「腎」の働きを活発になり、生命力が高まります。

東洋医学において「腎」は生殖機能を維持・向上するために不可欠。

男性ホルモンの分泌を促進し、精力や性欲のアップに寄与します。

場所

へその裏側あたりの背骨から、左右に指2本分移動した位置にあります。

方法

指の腹で、少しづつ力を入れながら5秒かけて押し、反対に少しづつ力を抜きつつ5秒かけて緩めます。

20回程度を目安にしてください。

ツボ押しは、手軽で時間がかからないだけでなく、コストもかからないのが大きなメリットです。

しかし、効果が劇的にあらわれて、男性ホルモンがどんどんあふれ出す、というものではないので、即効性は期待できないでしょう。

滋養強壮精力増強法4|精力がアップする漢方薬を飲む

漢方薬

漢方とは、中国古来の医学を日本人に合わせた日本の伝統医療のことをいいます。

漢方薬は、多様な効果のある植物や動物、鉱物など天然の素材を、いくつか組み合わせた薬で、中には「食品」扱いのものもあります。

滋養強壮や精力増進を目的とした漢方薬もあり、代表的なものが次の2種類です。

海狗腎(かいかくじん、オットセイペニス)

海狗腎(かいかくじん)とは、ゴマフアザラシやオットセイのペニス、睾丸を乾燥させたもののこと。

男性ホルモンを高める強精作用があり、滋養強壮、精力増強のほか、EDなどにも効果があるといわれています。

また、腰膝軟弱症や冷え症の改善、結核などにも使われることがあります。

淫羊霍(いんようかく)

淫羊霍(いんようかく)とは、メギ科箭葉淫羊霍(ほざきのいかりそう)の全草のことで、通常は葉が使われますが、枝や茎も使われることもあります。

利尿作用のほか、精力増強、滋養強壮など作用もあり、腎陽虚によるEDや不妊症にも利用されています。

また、高血圧や女性の月経不順などにも使われることもあるようです。

しかし、食事法や運動、ツボ押しほどではありませんが、漢方薬は西洋薬に比べて効果のあらわれ方は緩やか。

徐々に体のバランスを整え、改善していくことで効果が実感できるというものなので、あとで紹介する「勃起薬」や「精力剤」のような、デートで即使えるという性質のものではありません。

滋養強壮精力増強法5|勃起薬(バイアグラなど)を飲む

バイアグラ

即効性の代表格「勃起薬」

ここまで、即効性に欠ける方法を紹介してきましたが、即効性のある方法の代表格といえばバイアグラのような「勃起薬」でしょう。

勃起薬はサプリメントとは違い、基本的にドクターの処方せんがないと手に入らない薬で、「ED治療薬」とも呼ばれています。

(勃起薬は、本来セックスが難しいほど勃起力が弱くなってしまっている人向けの薬で、ある程度勃起力がある人には処方されないことがあります。
)
勃起薬は、おもに「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類があり、ほかにもカマグラゴールドやバリフなどの海外製ジェネリックが個人輸入で手に入ります。

しかし、品質が保証できないのであまりおすすめはできません。

勃起薬は、勃起状態から萎えさせようとする体内酵素「PDE5」の作用をブロックし、勃起を維持させる働きをします。

また、血管拡張作用によって海綿体の血流を良くすることで、勃起力をさらに高める効果もあります。

飲んでから1時間くらいで効果を実感でき、この即効性が大きなメリットです。

どうしても失敗できないというときや、いざというときのために勃起薬を持っていると、安心して積極的になれますし、中折れの心配もなくなります。

勃起薬はデメリットも多い

勃起薬は、即効性ではすぐれていますが、反面デメリットもあります。

勃起薬を服用するときは、医師からもアドバイスがありますが、デメリットも十分に理解しておかなくてはなりません。

精力そのものは向上しない

勃起力が高まるなら、同時に精力も上がるような気がしますが、勃起薬はあくまで勃起の補助と萎えないように勃起をキープするすることを目的とした薬なので、精力そのものが向上するわけではありません。

またこれは、性欲についても同様です。

若いころのように勃起させたとしても、そのころの精力に戻るということは期待できないのです。

高確率で副作用を伴う

症状の感じ方は人によって異なりますが、勃起薬を服用すると高確率で副作用が伴います。

服用時の体調によっては、セックスに集中できないほど副作用があらわれてしまうという点も大きなデメリットでしょう。

勃起薬の副作用は、おもに次のようものがあります。

勃起薬のおもな副作用

頭痛、ほてり、動機、鼻づまり、目の充血

いくらフル勃起で臨戦態勢になっても、激しい頭痛があったらセックスを楽しむのは難しいですよね。

どうしても勃起薬に頼らざるを得ないような、ED、中折れなどの悩みが深刻な人向けと言えます。

服用によって体に負担がかかる

勃起薬は、通常。
セックスをする直前に服用する医薬品です。

なので、(そういう人は少ないと思いますが)毎日のように服用することには向いていません。

「勃起薬がないと性行為に積極的になれない」とか、「失敗したらどうしよう」という不安感から、勃起薬による成功体験がある人ほど、勃起薬に頼り切りになります。

そもそも勃起薬は化学的な薬品なので、あまり体に良いものではありません。

副作用の症状があるのにも関わらず、繰り返し服用するのは体にも負荷がかかってきます。

滋養強壮精力増強法6|強精剤(ホルモン剤)を使う

強精剤

男性ホルモンを直接取り込む「強精剤」

最初に、精力の減退は加齢による男性ホルモンの減少だといいましたが、それなら男性ホルモンを体内に取り込んで、男性ホルモンそのものを増やしてしまおうというものが、「強精剤」の目的です。

男性ホルモンの1つ「テストステロン」は、男性らしさを維持するために絶対に欠かせないホルモン。

強精剤を飲むことによって体内のテストステロンが増え、バイタリティにあふれてきます。

男性ホルモンは性欲や精力の動力源なので、精力の減退も改善し、勃起力や持続力も高めることができます。

また、精子量も増加して、動きも活発になります。

また強精剤は、テストステロンを直接投入するので、即効性があります。

人によって異なりますが、勃起薬と同じように飲んでから1~2時間経てば、効果を実感してきます。

ここはというときに頼れる存在ですね。

強精剤には副作用あり!

すぐれた即効性がある一方、強精剤は医薬品なので、勃起薬同様、副作用のリスクも伴います。

強精剤の副作用

痒みやかぶれ、ニキビ、興奮、頭痛やめまい、鼻詰まり、動悸、肝機能障害、声のかすれ、血圧の上昇、震え、多毛、過敏症、うつ病、脱毛、発疹・発赤、吐き気(嘔吐)、食欲不振、幻覚、色素沈着、陰茎肥大、持続性勃起、持続的な投与による精子減少・精液減少

また、強精剤は継続して服用することで、逆に精子が減って男性不妊の原因になるというリスクもあります。

強精剤は、確かに男性機能アップに即効性がありますが、効果はその時だけのものです。

強精剤の効果が切れれば男性機能も元に戻り、再び飲まないと回復しません。

強精剤に頼り過ぎてしまうと、本来、体に備わっている男性ホルモンを分泌する力が逆に弱まってしまうことも。

強精薬も勃起薬と同じように、決して万能ではないということですね。

滋養強壮精力増強法7|強壮剤(ドリンク・サプリメント)を飲む

強壮剤(ドリンク・サプリメント)

勃起薬や強制薬で一時的に男性機能を高める方法もありますが、本質的には男性ホルモン(テストステロン)を体内で作られるように、滋養強壮・精力増強するような食生活、生活習慣を見直すことが大切です。

最初の「滋養強壮・精力増強法1」でも紹介しましたが、特に食生活はとても重要で、どれだけ性欲アップや勃起力向上に効果のある成分をとるかがポイントになります。

とはいっても、食事だけで毎日コンスタントに精力増強に必要な何種類もの成分を全部とるのは、かなり難しいのが実情。

そこで、強壮剤(ドリンク・サプリメント)の出番というわけです。

補いたい成分の具体例として、勃起力を高めるの「アルギニン」「シトルリン」、精液を作る「亜鉛」などがあり、中でもアルギニンは精液の大半の材料となるほか、テストステロンの分泌にも関わる栄養素です。

強壮剤はメリットが大きい

.

副作用がない

強壮剤には特に大きな副作用のリスクはありません(食物アレルギーがある人は、原材料を見てチェックをしてください) 。

正直、セックスのたびに副作用に悩まされるのは、やってられませんよね。

強精剤や勃起薬のような医薬品が、体に合わなかった人にもピッタリです。

着実に精力増強できる

強壮剤は、基本副作用がないので、毎日継続してとることで着実に精力増強につながります。

精力を高めるためには、運動や食事、喫煙などの日常生活から改善する必要がありますが、それにプラスして強壮剤で補ってやることで相乗的に効果がアップします。

強壮剤のみに頼っても十分に効果が発揮されないので、やはり「日常生活の見直し&強壮剤」のタッグが効率的です。

根本から健康な体作りができる

強壮剤は男性の健康維持&向上のためのアイテムなので、継続的にとることで根本から健康的になってきます。

質の高い強壮剤になると、量的にも種類的にも多くの栄養成分を含んでいるので、一般的なサプリメントを何種類も飲むよりずっと効果的です。

「朝起きて調子が良い」が続くようになれば、自然と精力もよみがえってくるでしょう。

 

原材料・成分は必ずチェックしよう!

いくら強壮剤が精力増強に良いといっても、どれでも良いわけではありません。

価格やイメージだけで飛びつくのではなく、本当に効果的な成分が配合されているかどうか、しっかりチェックしてください。

クラチャイダム、マカ、スッポン、アルギニン、トンカットアリ、亜鉛などの、滋養強壮・精力増強に期待できる原材料や成分が十分量入っているかどうかで、実感度に大いに影響してきます。

滋養強壮・精力増強に効果的な素材・成分

素材・成分 期待できる効果
マカ 男性ホルモンの分泌促進

性欲アップ

疲労回復、滋養強壮

クラチャイダム 抗酸化作用

性能力向上作用

性欲アップ

疲労回復、滋養強壮

亜鉛 男性ホルモンの促進

生殖器機能の向上

抗酸化作用

リラックス効果

アルギニン 血流促進

成長ホルモンの促進

免疫機能の向上

筋肉増強

シトルリン 血管をしなやかにする

筋肉増強

冷え性改善

動脈硬化の予防

トンカットアリ 男性ホルモンの促進

性欲アップ

精力剤のデメリットは即効性のなさ&効果のバラつき

効果の実感度合いに個人差がある

精力剤の大きな弱点は、効果の実感度合いに個人差が出やすいこと。

精力剤は、あくまで健康補助食品であり医薬品ではないので「誰でも確実に効果が実感できる」というものではありません。

その人の体質によって、素材・成分に対する相性の良しあしがあります。

そのため、自分にマッチする強壮剤に出会うまでに時間がかかることも。

とはいえ、近年の強壮剤は、使用される素材・成分の種類や含有量、組み合わせが科学的根拠(エビデンス)のあるものも増えてきました(強壮剤の代表格であったマカよりも、さらに効果的な「クラチャイダム」や、バイアグラの生みの父でもある、ノーベル賞受賞者イグナロ博士が推奨する「アルギニン」など)。

こうしたことから、個人差があるといっても極端には出にくくなっており、従来の強壮剤ほどのデメリットも小さくなりつつあります。

即効性はない

強壮剤は、男性機能低下などを大本から整えていくため、効果を実感するまで1ヶ月単位の時間がかかります。

多くの強壮剤では効果があらわれるまでの目安として、最低1ヶ月~3ヶ月は続けることを推奨しています。

ただ、勃起薬や強制薬のように「効果が切れたら終わり」というものではないため、実感が得られてこれば長く効果が持続します。

「強精剤」と「強壮剤」はどう違う?

「強精剤」と「強壮剤」、似たような字面ですが、両者の違いを一言でいうと、「医薬品成分が入っているかどうか」です。

「医薬品」か「健康補助食品」かということですね。

強精剤は、医薬品で即効性が期待できますが、反面、副作用のリスクも高め。

一方、「強壮剤」の場合、即効性はないですが、副作用のリスクもなく、毎日続けることで徐々に体の内側から精力がよみがえり、効果が持続するというのが最大のメリットといえます。

結論!滋養強壮・精力増強にベストな方法は○○

 

これまで紹介してきたように、精力増強にはさまざまな方法があります

Check!!
・精力増強に良い食べ物を食べる
・運動、筋トレで男性ホルモンを増やす
・男性ホルモンが出るツボを押す
・漢方薬を飲む
・勃起薬を飲む
・強精剤を飲む
・強壮剤を飲む

しかし、どれも一朝一夕で若いころの精力を取り戻せるわけではありません。

勃起させるだけなら勃起薬や強制薬でも良いかもしれませんが、これは一時的なものなので滋養強壮・精力増強とは異なりますよね。

ここで重要なのは続けやすいのはどれかということ。

にんにくや山芋などを毎日食べるのは現実的ではないですし、筋トレは飽きっぽい人には不向き。

漢方薬は手に入りにくいですし、ツボ押しも自分でやるとなると難しい・・・。

となると。
もっとも続けやすいのは「強壮剤(精力剤)」ということになります。

強壮剤なら早い人で1週間で変化が出始め、1ヶ月続ければ多くの人が何かしら効果があらわれてくるので、ある程度即効性を求める人にもピッタリです。

まとめ

滋養強壮・精力増強のためには、根本的に体質を改善していくのが着実な方法。

ツボや運動などと比べれば多少コストがかかりますが、男性機能を高める成分をたっぷり配合された「強壮剤(精力剤)」が一番効率的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!