会っただけで女を興奮させる体格とは?肩幅と腕の筋肉萌えを狙え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
会っただけで女を興奮させる体格とは?肩幅と腕の筋肉萌えを狙え

女性は男性の体のどこに「萌え」を感じるのでしょうか。男性なら、もちろん女性の胸とかお尻に萌えやエロを感じますよね?

このように、男性が女性のどこにエロを感じるのかはわかりやすいのですが、女性の場合はちょっとわかりにくいようです。

それでも、男性の筋肉に萌えを感じる女性が多いのは確かなことです。

細かいところでは、男性の指だとか、手の甲に萌えを感じる女性もいれば、ゆるんだネクタイを締め直すしぐさにグッとくる女性もいるようで、それこそ女性の萌えも千差万別です。

しかし、あまり細かいことを言ってもしかたがないので、ここではパッと見てわかる男性の体の部位で、女性が萌えを感じる場所にスポットを当ててみましょう。

腕の筋肉に萌える女性は多い

腕は、男性の体の中で比較的見えやすい部分でもあるので、腕の筋肉にグッとくる女性が多いのかもしれません。

  • 腕の筋肉が太い男性は、頼りがいがありそうで好き
  • ダンボールなどを運ぶときに腕まくりでもされたらもう…

という女性は少なくないようです。これはもう、見たまんまという感じですね。確かに、腕が細くて華奢な男性は、頼りがいがあるようには見えません。

要するに、女性の萌えは見た目のインパクトに左右されることが多いようです。ただ腕が太いだけでなく、血管が浮き出ている腕が好きという女性も中にはいるようです。

こうして見ると、女性は自分にないものにあこがれているのかもしれませんね。なぜなら、たくましい腕にしても血管が浮き出た腕にしても、女性にはないものですから。

ちなみに、腕の筋肉といっても、手首の筋肉もあれば、上腕二頭筋もあります。このどちらも好きという女性もいますが、手首の筋肉だけ、あるいは上腕二頭筋だけ好きという女性もいるようです。

実は、腕の筋肉に次いで「萌え」が多いのが、大胸筋と腹筋です。

  • やっぱりたくましい胸がいいな。いかにも男って感じがする
  • 胸板が厚いと頼りがいがありそう
  • 割れてるお腹を見るとフラッとなっちゃう。鍛えてるって感じがいい
  • シックスパックがたまならない。つい触りたくなる

こんなコメントが続々出てきました。但し、大胸筋と腹筋は普段の生活ではあまり見えることはないので、萌えの対象にはなりにくいのでしょう。

そういう意味では、普段の生活でいつでも見える腕の筋肉に、萌えを感じる女性が多いのもうなづける気がします。

肩幅が広い男の前ではメス要素が出る

ところで、筋肉隆々の有名人というと、誰を思い浮かべるでしょうか。

まず、たくましい腕を持つ有名人としては、シルベスター・スタローンやアーノルド・シュワルツェネッガーを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

どちらも鍛えぬいた体をしているし、腕の筋肉も太くてたくましいですよね。

そして、「肩幅が広い男」というと、やはりアーノルド・シュワルツェネッガーを思い浮かべる人が多いのではないかと思います。

やはり、腕が太かったり肩幅が広いと、それだけでカッコいいし女性がうっとりするのもわかる気がします。多くの場合、肩幅が広い男性は背も高いようです。

そんな男性が目の前に立つと、女性にとっては大きな壁が行く手に立ちふさがったように見えるかもしれません。

つまり、「この人から逃げられない」という心理に、女性を追い込んでしまうのかもしれないのです。

だから、肩幅の広い男性の前では、女性は自然とメス要素が出るのでしょう。つまり、たくましい腕をした男性の前では、女性は従順な「女」になりやすいということです。

結局、女は強そうな男が好き

結局のところ、女性は強そうな男性が好きなのかもしれません。

これは普通に考えれば、強い男なら何かあったときに自分を守ってくれるから、という風に見ることもできます。

しかし、ただそれだけとは思えないのです。おそらく、人間の祖先がまだ猿の仲間だった頃の記憶が脳のどこかに残っていて、そういう行動になっているのではないかという推測も成り立ちます。

猿などの動物の世界は、強いオスだけが認められる世界です。強いオスだけがメスを独占し、自分の子孫を残すことができるのです。

これに逆らおうとしても、力で勝てないのだからどうしようもありません。人間の世界では、いくら力が強くたって、そんなことだけで女性は男性を選んだりしません。

しかし、動物の世界では力が強いというだけでメスがついてくるのです。

「動物の世界ってひどいもんだな」

こう考える人もいるかもしれません。しかし、どういうわけか、動物から高度に進化したはずの人間でさえ、これに似たような状況がずっと続いていました。

一番わかりやすいのが、戦国時代です。戦国時代はまさに群雄割拠で、天下を狙う武将があちこちにいました。

その中で豊臣秀吉が頭角を表し、天下取りを実現しました。強大な権力を持った秀吉には、誰も逆らえませんでした。

もし逆らえば滅ぼされてしまいます。そこは、力だけが支配する世界なのです。これって、動物の世界と何も変わりませんよね?

日本では、こんな動物と変わらない状況が、徳川時代が終わるまで続いていたのです。もちろん、他の国々も似たような状況でしょう。

これでは、女性の中に動物だった頃の本能ともいうべきものが、いまだに色濃く残っていても不思議ではありません。

もしかすると、女性がたくましい男性に惹かれるのは、そういう理由なのかもしれないのです。

強そうな腕に抱かれたい・守られたい願望を満たしてあげる

女性にこのような心理があるのなら、それを満たしてあげればいいのです。たくましい筋肉にあこがれる女性は、必ずと言っていいほど、その筋肉に触ってみたいと思っているようです。

これには、男性が女性の体に触りたいという心理と同じ面もあれば、違う面も混在しています。男性と同じ面というのは、男性のよにセックスに直結する心理です。

しかしその反面、女性には「珍しいもの見たさ」だけで男性の筋肉に触ってみたいという心理もあります。この場合はセックスに直結するものではなく、エロの要素はありません。

だけど、セックスに直結する心理も内在しているので、男性の筋肉にあこがれ、「触ってもいい?」と聞いてくるような女性は、落としやすいと言ってもいいでしょう。

つまり、そういう女性は「強そうな腕に抱かれたい・守られたい願望」が強いということになります。だったら、それを満たしてあげればいいのです。

たくましく強い男の子孫を残せるのは女の喜び

前述しましたように、人間の社会はつい最近まで、動物と変わらない力だけが支配する世界でした。

動物と変わらなければ、動物のメスのように強いオスの子孫を残したいという心理が、現代の女性にあっても少しもおかしくありません。

そうなのです。現代においても、たくましく強い男の子孫を残せるのは、女の喜びと言ってもいいのです。

その表れの一端が男性の筋肉へのあこがれであり、男性のたくましい筋肉に触りたいという欲求なのです。

肩幅と腕を強くする筋肉トレーニング

女性が求めているのがたくましい体をした男性で、しかも腕が太くて肩幅が広い男性であるのなら、肩幅を広くして、腕を強くするトレーニングに挑戦するのもいいかもしれません。

といっても、肩幅は鍛えても広くなるものではなく、肩の筋肉が盛り上がる程度ですが、腕の筋肉はトレーニングすれば十分に鍛えることができます。

では、腕の筋肉を鍛えて肩の筋肉を盛り上げるには、どんなトレーニングをすればいいのでしょうか。

腕立て伏せだけでも十分

腕を鍛えるトレーニングで一番オーソドックスなのは、やはり腕立て伏せでしょう。

腕立て伏せなら道具も必要とせず、畳1畳ほどのスペースがあれば今日からでもできます。

しかし、今日からできるのに、この記事を読んだ人のうち、いったい何人が今日から腕立て伏せを始めるでしょうか?

実はそこが大きな問題なのです。実際に腕立て伏せをしなければ、いくらこの記事を熟読しても何も起こりません。

腕立て伏せは、10回を1セットとして、最初は3セットくらいから始めるのがいいでしょう。

最初から回数を多くすると、筋肉を傷めて逆効果になってしまいます。

そのうち慣れてきたら、3セットから4セット、5セットという風に増やしていきましょう。

最初は1セット行って小休止して2セット目を行い、また小休止して3セット目を行うやり方で良いのですが、慣れるに従って3セットを連続して行うようにしてください。

こうして、100回連続して行えるようになる頃には、目に見えて筋肉がついてきているはずです。

ダンベルを使う方法

少しお金がかかりますが、ダンベルを使って腕を鍛える方法もご紹介しましょう。

お金がかかると言っても、安いダンベルなら千円台からありますから、たいした金額ではありません。

ここで紹介したいのは、「コンセントレーションカール」というトレーニング法です。ダンベルは、最初は2~3キロくらいから始めましょう。

まず椅子に座ってください。右手でダンベルを持ち、足を少し広げて右の太腿の内側に右手の肘を当ててください。次に、ゆっくりダンベルを持ち上げて、上まで持ち上げたら少し止めましょう。

次に、ダンベルをゆっくり元に戻します。この動作を10回繰り返すのを1セットとして、3セット行いましょう。

このトレーニングは、腕をゆっくり戻すのが早く筋肉をつけるコツです。3セットに慣れたら、4セット、5セットと増やしていくのは腕立て伏せと同じです。

働く腕に惚れる女は多い|仕事の実務で鍛える

女性は、働く男性の姿に弱いものです。働くときは誰でも真剣な表情をしていますから、それが凛々しく見えるのかもしれません。

女性が男性の腕に萌えを感じるのは、何か物を運ぶなどして腕の筋肉を使っているときが多いはずです。

仕事の種類にもよりますが、物を運ぶことが多い仕事であれば、腕まくりして筋肉を見せることで、萌えを感じてもらえる可能性が高くなります。

実務で腕を鍛えることができれば一石二鳥ですから、率先して物を運ぶなどして鍛えるといいかもしれません。

少し日焼けしてるほうが萌える

暗黙の前提として、たくましく鍛えた筋肉は、色白の肌に包まれているようではいけません。たくましい腕に似合うのは、やはり日焼けした腕です。

トレーニングして腕の筋肉を鍛えたあとは、お金と時間に余裕があれば、日サロに行って少し日焼けするといいかもしれません

まとめ

男性の太くてたくましい腕に萌えを感じる女性は多いようです。

本来は大胸筋や腹筋に萌えを感じる女性も多いのですが、普段の生活の中で大胸筋や腹筋を目にすることはあまりないため、結果として腕に萌えを感じる女性が多くなったのでしょう。

たくましい腕をした男性は頼りがいがありそうだし、自分を守ってもらえそうだと女性が感じるのかもしれません。

腕の筋肉には手首の筋肉と上腕二頭筋がありますが、このどちらかが好きという女性と、どちらも好きな女性がいるようです。

また、女性の中には、肩幅の広い男性にあこがれる人も少なくありません。

それなら、腕を鍛えて筋肉をつけ、肩にも筋肉をつければ肩幅が広く見えるので、女性にモテるようになるかもしれません。

トレーニングは腕立て伏せなら道具もいらず、狭いスペースでもできますから、今日からやってみてはいかがでしょうか。

実際にトレーニングしないことには何も起こりません。

女性に萌えを感じてもらいたいなら、地道に努力して腕の筋肉を鍛えることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!