硬さ特化でペニス増大するための意外に簡単な方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

硬さ特化でペニス増大というのは、ペニスが増大した上に硬さも増すという意味です。

しかし、そんなことが可能なのでしょうか。通常であれば、ペニスの硬さを増すだけでも大変な手間がかかりますし、ペニス増大にしても簡単にはできません。

どんな方法なら、この両方を実現することができるのでしょうか。気になるので早速調査してみました。

硬さ特化でペニス増大する方法

血液量を増やすのが大前提

ペニスの硬さを増すには、血液量を増やすのが効果的です。ペニスが硬く勃起するには、海綿体の毛細血管に大量の血液が流れ込むことが必要ですが、血液量を増やすと自然と海綿体に流れ込む血液も増えます。

血液を増やすには、血液を作るために必要な栄養素を十分に摂取することが必要です。

食材の中には血液を増やすのにいいものがあるので、そういった食材を常に食べていれば、自然と血液量を増やすことができるでしょう。

血液はドロドロよりサラサラのほうが健康にいいのですが、ただ単にサラサラであればいいわけではありません。血液はサラサラで、しかも十分な量がないと意味がないのです。

血液がドロドロだと毛細血管を通りにくいため、体の細部まで血液が行き渡らないのですが、血液がサラサラでも量が少ないと、やはり血液が体の隅々まで行き渡りません

だから、健康のためには、サラサラで十分な量の血液が必要なのです。では、血液量を増やすのに適した食材には、どんなものがあるのでしょうか。

血液のためにいい食材であれば、まず玉ねぎが挙げられます。これは、玉ねぎを食べると血液がサラサラになるからです。しかし、血液がサラサラだけでは意味がないのは、前述したとおりです。

大量の血液を作るには、まずステーキ肉をレアで食べましょう。普通なら、鉄分を多く含んだレバーのほうがよさそうに思いますが、実はそうではありません。もちろんレバーも血液を増やすのに役立ちますが、ステーキのレア肉のほうがさらに効果的です。

しかし、いつもステーキ肉を食べていたらお金がかかりますから、お金がないときはレバーでもいいでしょう。

また、鶏肉の手羽先など、骨付き肉も血液を増やすのに有効です。これは、血液が骨の中の骨髄で作られるからで、手羽先を煮込んだスープを飲むと血液増量効果があります。

このほか、血液量を増やすのに役立つ成分にビタミンB12があります。ビタミンB12はハマグリ、アサリ、赤貝などの貝類に多く含まれます。血液量を増やすには、これらの食材をできるだけ多く食べるようにしましょう。

ペニス周辺の筋トレが想像以上に効果的だった

精嚢と肛門の間にPC筋(骨盤底筋)と呼ばれる筋肉があります。PC筋は、普段はあまり意識することのない筋肉ですが、オシッコ中にオシッコを止めるときに使う筋肉といえば、男性ならわかるはずです。このPC筋を鍛えると、ペニスを活性化することができます。

また、PC筋を鍛えると、ある程度射精をコントロールできるようになるのでおすすめです。ある程度というのは、脳から射精命令が出ると射精を我慢できなくなるので、その前なら射精をコントロールできるという意味です。

PC筋を鍛えて射精をコントロールしたり、ペニスの勃起力を高めるには、肛門を5秒間締めるだけで効果があります。

つまり、肛門を5秒間締めて5秒間緩める動作を繰り返すだけで、PC筋が鍛えられるのです。これ以上、簡単なトレーニングはないのではないでしょうか。

肛門を締めるだけですから、いつでもどこでも可能なトレーニングです。簡単なのに効果抜群ですから、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

腹筋・腹直筋あたりの筋トレ必須

勃起のためには、PC筋(骨盤底筋)、球海綿体筋といった筋肉が重要な働きをします。これらの筋肉を鍛えると、ペニスに流れ込む血液量が増えるので、勃起力を高める効果があります。このようなペニスの活力に直結する筋肉を鍛えるのに、腹筋や腹直筋を鍛えるのが有効です。

骨盤底筋や球海綿体筋は小さな筋肉ですが、これらと連なる大きな腹筋を鍛えることで、連動して鍛えることができます。

PC筋の鍛え方は前述しましたが、これと並行して腹筋や腹直筋を鍛えると、さらにペニスへの効果が増大します。

PC筋だけを鍛えるトレーニングは単調ですぐ飽きてしまいますが、腹筋を鍛えるのは本格的な筋トレですから、体を鍛えながらペニスの勃起力を高められるので、まさに一挙両得といったところでしょう。

そのペニス、脂肪まみれではないですか?

ペニスは、3本の海綿体と尿道からできているので、きわめてスリムな構造をしています。そのため、ペニスには脂肪がつきにくいので、脂肪まみれになることはありません。ただし、ペニスの脂肪率は、人によって若干の違いがあるようです。

脂肪が多いとペニスは柔らかくなる

ペニスは、海綿体に張り巡らされた毛細血管に血液を溜め込んで膨れ上がり、硬く勃起します。3本の海綿体は互いにくっつきあっているので、ペニスに脂肪がつくとすると海綿体の外側につくことになります。というより、そこしか脂肪がつく場所がありません。

つまり、ペニスの表面近くに脂肪がつくことになるので、勃起しても脂肪の分だけペニスは柔らかく感じてしまいます。

しかし、中の海綿体が硬く勃起していれば、表面が少しくらい柔らかくても勃起自体に問題はありません。また、表面は柔らかく中はしっかり硬いペニスは珍しいので、膣の中でこれまでにない感触が得られるため、もしかすると女性にも評判がいいかもしれません。

デブだとペニスも太る???

デブの人は体脂肪率が高いので、多くの脂肪がついています。体脂肪率が高い人は体のどの部分でも高いので、ペニスも普通の人と比べて脂肪が多いことになります。しかし、ペニスは体の大きさと比べるとかなり小さいので、現実にはペニスが太ると感じるほどではありません

ただし、体脂肪率が高いと不健康ですから、そのままというわけにはいかないでしょう。そのため、食生活や生活習慣を改善したり、運動を取り入れたりして体質を変える努力をしなければなりません。

ダイエットとシェイプアップは男もやること

女性の中には、涙ぐましい努力をして、ダイエットやシェイプアップしている人が少なくないようです。

しかし、男性の中には、あまりダイエットやシェイプアップしている人は見かけません。では、ダイエットやシェイプアップは、男性には必要ないのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。男性も、女生とは少し違った意味でダイエットとシェイプアップが必要です。女性はほとんどの場合、ボディラインをきれいにするために、ダイエットしたりシェイプアップしますが、男性は健康維持と勃起力増強、ペニス増大のために必要なのです。

このように、男性のダイエットは女性とは目的が違うため、女性のように食事を制限してダイエットしても意味がありません。このようなダイエットは、ただ脂肪を減らすだけに過ぎないからです。

それよりむしろ、毎日の生活に運動を取り入れて、体を鍛えることでスリムになり、シェイプアップすることを目指すべきです。

運動して体を鍛えると、心肺機能が高まり代謝機能がアップします。これは健康にとって何より大切なことです。そして、運動することによって余分な脂肪を燃焼させるので、体をスリムにすることができます。

これが、男性がやるべきダイエットであり、シェイプアップなのです。また、運動して筋肉がついてくると、男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌量が増えます。

テストステロンは男性が男性らしくあるために必要なホルモンで、勃起力アップや精力増強にも深く関わっています

このように、男性機能をアップするためにも運動は大切なのです。運動は、三日坊主で終わっては意味がありません。毎日少しずつでもいいので、長く継続することが大切です。

そのため、無理な運動をしようとしないで、自分が続けられる運動を選んで行うようにしましょう。どの運動を選んだら良いかわからなければ、軽いジョギングでも十分効果がありますから、無理せず毎日続けることが肝心です。

楽して効果が出る硬さアップの裏技はないの?

ところで、手間がかからず、簡単に勃起力がアップする方法はないのでしょうか?

バイアグラを飲めば勃起はする

楽してペニスの硬さをアップしたければ、バイアグラのような勃起促進薬を飲むのもひとつの方法です。ただ薬を飲むだけですから、これ以上楽な方法はありません。しかも飲んですぐ効く上に、ほぼ確実にペニスを勃起させることができます。

しかし、即効性があるということは、その分だけ強い副作用があると見るべきですから、常用することは控えなければなりません。特に心臓に疾患のある人が常用すると、命に関わるおそれもあるので十分注意が必要です。また、勃起促進薬には勃起力を高める作用はありません。

ただ単に勃起を阻害する物質を抑えて、勃起を持続させるのが勃起促進薬なので、根本的に勃起力を改善できるわけではないのです。しかし、それでも勃起促進薬を使えば、しっかりと勃起させることができます。

このため、今夜どうしても勃起させたいという場合は有効に活用できますが、頻繁に使うと確実に命を縮める結果になります。

努力なくしてペニス増大はありえない

ペニスを増大させたければ、それなりに努力が必要です。ペニス増大法には、チントレや増大器具を使う方法などがありますが、どれもすぐに効果が出るわけではなく、一定の効果を実感できるまでには、数カ月くらいの日数を要します。つまり、努力なくしてペニス増大はあり得ないのです。

もっと楽にペニスを増大させたければ手術する方法もありますが、手術はお金がかかる上にリスクもあります。場所が場所だけに、ペニス増大手術にミスがあると、取り返しのつかない事態になりかねません。

このように、楽な方法はお金もかかるし、リスクも覚悟しなければならないのです。しかし、そんな中にあって、冒頭で紹介した食材によって血液量を増やす方法は、比較的簡単でしかも安全に、おいしく食べながら硬さアップとペニス増大を実現できます。

自力のトレーニングもできない男に女は寄り付かない

勃起力アップやペニス増大には、テストステロンの分泌量を増やす必要があることは前述したとおりです。そして、そのためには運動を続けることが大切だということも、先に述べました。

血液量を増やし、テストステロンを増やせば、勃起力アップとペニス増大が可能となります。そのためにはある程度の運動を続ける必要がありますが、それくらいのことさえできない人には、女性をゲットするのは難しいかもしれません。

まとめ

ペニスの硬さをアップして増大させるには、血液量を増やすことが大切です。血液量を増やす食材には、レアのステーキ肉、骨付きの鶏肉などがあります。また、血液増量にはビタミンB12が不可欠なので、ハマグリ、アサリ、赤貝などの貝類を多く摂るといいでしょう。

このほか、勃起力をアップするには、PC筋や腹筋を鍛えると効果があります。

男性が男性らしくあるためには、テストステロンの分泌量を増やすことが大切です。そのためには、軽い運動でもいいので毎日続けることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!