ペニスのフル勃起状態を長く維持する方法、テクニック解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セックスの間、勃起状態が十分に続かないと、男女とも満足な快感を得ることは難しくなってしまいます。ここでは、フルボッキ状態を長く維持するテクニックについてわかりやすく解説していきます。

ある程度健康な男性ならば、数日射精するのを我慢してからオナニーし、体力も万全の状態にしておけば十分に快感を得られて射精できるはずです。

しかし、なにか欠けていると射精量は大幅に減って、フル勃起ではない状態で射精することになりますので精力減退がわかりやすいです。

ここでは、少しでも長くフル勃起状態を維持し、満足できる射精を実現できるようにするためのコツをまとめています。

オナ禁してフルで射精できるように

性欲や精力をギリギリまで貯めよう

男性ホルモンは男性の睾丸で作られて分泌されますが、近年の男性はボクサーパンツやきついスーツ、社会的ストレスや疲労、運動不足などが重なり、若いうちから男性ホルモンが少なくなっている事例があります。

こうなるとなかなかホルモン分泌が追いつかず、性欲が高まる前に疲れてしまって、セックス、オナニーどころではなくなってしまいます。

独身や一人暮らしが長く、性欲が高まらなければ、射精する必要もなく、だんだんとオナニーしない生活に慣れて、勃起力や射精量が減退していってしまう例もあります。

そうした弱々しくなっていく男性機能を改善したいのであれば、性欲に忠実になれるように体力、筋力アップを心がけ、栄養補給も運動も十分にし、3日に1回くらいのペースで必ずオナニーをするようにしましょう。

快感を覚えれば人間はそれを繰り返そうとします。しばらくオナニーしていなかった方は、オナホでも何でも良いので、快楽だけを求めてオナニーして、射精する習慣を再度つけましょう。

射精するようになってくると身体がそれに合わせて男性ホルモンを増やしたり、精子の生産を増やしたりするので、バタフライ効果の如く、勃起力や射精力も高まっていきます。

スクワットや運動後にオナニーして

トレーニングとしてオナニー前にスクワットやウォーキングなどの運動をすると、血行促進や代謝向上ができている状態でのオナニーになるので、射精、勃起、持続力ともに高まった状態にできます。

この運動と合わせてオナニーして勃起力が改善できたならば、EDを疑う必要はなく、食生活と運動習慣の改善で男性機能は回復するはずです。

運動後のオナニーを心がけるようにすると、どんどん射精量が増えて、勃起力も高まっていってくれますのでちょうどよいトレーニングになります。運動さえできるような習慣が身につけば、それ以上精力が衰えることはないでしょう。

毎日といかないまでも、3日に1回位のペースで運動と射精する習慣ができればフル勃起状態にもなりやすくなり、ペニス増大にも繋がりやすくなります。

疲労回復してから全力でオナニーして

フル勃起状態を維持したままオナニーできるようにするには、疲労回復しておかなければいけません。体力やスタミナが無くなっていると、栄養不足で精子が作られなかったり、男性ホルモンが分泌されなかったりして精力増強にもペニス増大にも繋がりません。

現代人は仕事にも家庭にも疲れ過ぎで、私生活やプライベートのことに体力を割けなくなっています。

疲労回復のためにマカやウコン、にんにくや高麗人参を含む精力サプリを利用すると、疲れが回復しやすくなるため、継続摂取すると精力増強につながるわけです。

疲れが残っている状態では代謝も落ちて、体内の有害物質、老廃物、アンモニアなども効率的に排泄できず、血行が悪くなって、いろんな体の部位に悪影響がでます。

疲労をできるだけ減らして、代謝も高めてあれば、セックスもオナニーも十分エネルギーを使って挑戦でき、ペニス増大のトレーニングもしやすくなります。

精力サプリを飲んでも、仕事のストレスが減らなければ意味はないので、仕事の環境を変えたり、生活スタイルを変えたりする努力もしながら、精力増強して、日々オナニーしながら訓練しましょう

性的刺激をMAXまで高められるように

あなたが一番興奮するおかずは何?

ペニス増大のためには、日々フル勃起状態でオナニーしてトレーニングする必要があります。中途半端な勃起では、ペニスはその中途半端なままのサイズにしか膨張しないので、日々限界を超えていく必要があります。そのためには、性的刺激を十分感じられるあなたの性癖に見合ったおかずを用意するのも大切です。

少しイレギュラーなおかずでも、世間的には隠しておいたほうがよいシチュエーションでも、興奮できるのであればエロ漫画やエロ動画で活用してフル勃起を作り上げましょう。最も勃起できて、最も硬くなってくれて、射精量も増えてくれるようなおかずを見つけられると理想的です。

疲れすぎていてしばらくオナニーしていなかった場合は、おかずさえも何が良いのかわからなくなっている場合がありますので、今一度最高に興奮できるおかずをみつけてオナニーを楽しみましょう。

激しいネタのおかずもオナニー中はあり?

オナニー中であれば、おかずがどんなものでも一応問題はありません。興奮できるネタで、誰にも邪魔されずに本気でオナニーをして、ペニス増大につながるようにしないと日々努力する意味がありません。

フル勃起状態にするには男性ホルモンが十分分泌される必要があり、きちんと股間が反応してくれるおかずを使うのは恥ずかしいことではありません。

有料でも無料でもAV作品であればよいですが、やはり有料の作品はエロ漫画も動画も質が高いです。近年は3Dモデルのキャラクターで作られている動画も高品質で、アダルトVRをあわせて使うと更に別次元の興奮を味わえます。

性的興奮度が足りない場合は、こうした時代が産んだ新しいエロに挑戦していって、勃起できる回数や勃起できる時間を増やしていってください。

※ただし「激しいおかずをネタにしたオナニー」の副作用として、生身の女性とのセックスを行う際に、興奮度が下がり、勃起力の低下や中折れに陥る可能性もあるという事も、頭に入れておきましょう。

矛盾するようですが、あなたの第一目的が何であるか?をよく考え、それにあった方法を実践する事が重要です。

童貞の頃の記憶を思い出して自己暗示を

なかなか良いネタがない場合は、おねショタや筆下ろしものの作品を活用すると良いでしょう。誰もが一度は憧れた若かりし頃のきれいなお姉さんに優しく筆下ろしされるというテーマの作品は、全ての男性に効果があるはずです。

女性に憧れる気持ち、童貞を卒業した時の感覚、母性に憧れる気持ちなど共感しやすい物が多いので、どうしようもネタがない時にはおすすめです。

オナニーする時は、自分がその作品に出てくるキャラクターだと自己暗示をかけて共感性を強く持てるように自己暗示をかけてオナニーすると勃起力が高まるかもしれません。

事前の食事と運動が十分であれば、射精もいっぱいできるはずなので、しばらくは訓練のためのネタとして使えるはずです。フル勃起状態を維持するための工夫をして、ペニス増大しやすい体質を整えましょう。

運動と筋トレが最強の精力増強

最初は長距離ウォーキングがおすすめ

ウォーキングです。運動不足に陥っている人がいきなり激しい運動をすると体調不良や筋肉痛、疲労感で運動習慣が身につく前に三日坊主で終わってしまう可能性もあります。

ウォーキングは、大型ショッピングモールのイオンやIKEA、コストコなどで買い物しながら歩き回ったり、ディズニーランドやUSJを1日歩き回ったりするだけでも良いので簡単です。

ウォーキングは観光中にもできます。お寺や神社巡り、軽登山やお花見、工場見学やワイナリー見学でも半日だけ散策観光すれば、十分な運動量になります。

筋トレとはいえませんが、運動不足を解消するには十分な運動量です。心臓への負担もそれほどなく、持病がある人でもウォーキングからならば気軽にできます。

少しずつランニングをすると効果的

運動に慣れてきて、長距離歩けるようになってくると身体が軽くなったように感じ、足腰も少し強くなります。そうするとちょこっと走ったり、短距離をランニングしたり、競歩のように早歩きしたりできるようになりますので、それに合わせて可能な範囲で走ってみても良いでしょう。

コンビニまで、近くのスーパーまでは歩きや小走りで行けるようになると交通費もかからなくなり、荷物を持っていれば全身の筋トレにもなります。

ランニングもいきなり長距離走ると、たとえ過去走れたとしても良くないので、まずは200mや300mという短距離から初めて、少しずつ慣らしていきましょう。

また、歩くのとは運動強度が違うので、事前の準備運動と、走ったあとのクールダウンが非常に大切になります。じっくり走り込めるようになれば、勃起力に関してはその時点で悩みはなくなっているかもしれません。

腹筋や腕立てよりもスクワット

筋トレや運動になっていれば何でもOKですが、PC筋のトレーニングにもつながりやすいのはスクワットです。セックスの時には腕力や腹筋力、シックスパックが役立ってくれることもありますが、スクワットは男性機能向上に直接役立ってくれます。

スクワットは部屋の中でもできて、身体への負担もそれほどなく、食器洗いをしながら、テレビを見ながらでもできます。

腕立て伏せや腹筋は精力増強よりは、男性らしい見た目を維持するのに役立ちますので、決してやって無駄になることはありません。

毎日継続すれば鍛え上げられた身体で女性を抱きしめられますので、女性もそんなあなたに全部任せて快楽を求められるでしょう。筋肉質な男性を好む女性は多いので、筋トレをしておいて損することはないです。

PC筋も腹筋も鍛えられれば、血流改善、代謝向上でペニスに流れ込む血液も増えて、ペニス増大のためのトレーニング結果も出やすくなります。

ペニス増大はある程度時間がかかりますので、まずは精力増強にチャレンジして、いつでもフル勃起できる状態を作り、ペニス増大できる体質に改善していってください。

まとめ

フル勃起状態を長く維持するには、十分な男性ホルモン分泌ができるように食事や運動を心がけて、適度にオナ禁して射精できる精子を蓄積しましょう。男性ホルモンが十分出るくらいに運動、筋トレできれば性欲も湧いてくるはずです。

男性ホルモンは筋肉増強などに働きかけますので、先に運動をしてホルモンが必要な状態にすれば男性ホルモンは分泌されます。運動から初めて男性機能を回復するのも良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!